FC2ブログ
HOME > sphere >豊崎愛生 > 【長文】【ネタバレ注意】豊崎愛生 2nd concert tour 2013『letter with Love』追加公演@パシフィコ横浜国立大ホール

【長文】【ネタバレ注意】豊崎愛生 2nd concert tour 2013『letter with Love』追加公演@パシフィコ横浜国立大ホール

 日曜日、愛生ちゃんのツアーラストをこの目で観たくて参戦してまいりました。。。
 今年最初のヲタ活動です(*´ω`*)
 愛生ちゃん自身もブログに書かれておりますが
 心が暖かくなるような一日を過ごせたなと、改めて思えます(*´ω`*)

 昨年の12/28、私が京都で全国握手会に参戦していた日には
 生まれ故郷の徳島にて、ツアーそのもののラスト公演がなされておりました。
 そちらに行けなかった分、この追加公演では全てを楽しもうと思い
 グッズを…購入できなかったのはナイショね(´・ω・`)←

 ーーーーーーーーーー

 ■会場

 パシフィコ横浜国立大ホールは、スフィア関連でも多く使われておりますが
 今回我々は、34列目といったやや微妙なところで観戦しておりました。。。
 モバイル先行なのに…とは言うけども、やはり4連でないといい場所は掴めない??
 チケ運は完全にない私なのです(´・ω・`)
 
 それでも決して会場が見えない事はなくて
 愛生ちゃんの楽しそうな表情は明らかに確認できるポジションでした(*´ω`*)
 2014-01-05 144406

 ■戦利品

 愛生ちゃん始め、スフィア系列では恒例の500円ガチャは1回だけ行いました。
 丁度リストバンドを忘れてたので、今回ゲットできたのはなかなかでかかったです(*´∀`*)
 2014-01-05 211716
 
 そして、↑の写真にもひっそりいるよだれむしは
 実は小銭入れなのです(*´ω`*)
 2014-01-05 144441
 親友のファンの方からお譲りいただけました、、、これは本当に感謝です(´;ω;`)ウッ…

 ーーーーーーーーーー

 ではライブの突っ込んだお話は続きに♪

 ■セットリスト(※は会場限定曲)

 01.CHEEKY
 02.See You Tomorrow
 03.さすらいの迷える仔猫
 04.LiLi A LiLi
 05.シロツメクサ
 06.anniversary※
 07.ただいま おかえり※
 08.パタパ
 09.フリップフロップ
 10.リンゴのせい
 11.music
 12.春風 SHUN PU
 13.オリオンとスパンコール


 アンコール
 EN01.true blue
 EN02.ディライト(後述)
 EN03.love your life
 EN04.letter writer


 ダブルアンコール
 See You Tomorrow

 バンドメンバー
 Bass:二家本亮介
 Drums:田中栄二

 Key:籠島裕昌
 Guiter&Master:平井武士

 ■ライブの様子(1)

 全ての会場同様、開始は舞台袖から登場する愛生ちゃんのオープニングトーク。
 バンドメンバーもやはり最終公演だからか
 最初の挨拶に気合が入っておりましたね(*´ω`*)
 愛生ちゃんの持つ独特の雰囲気故に、今回のような出だしからのメンバー紹介に
 違和感を覚える事もなかったかなと思います。。。

 冒頭では始まると終わっちゃうから嫌だなーと愛生ちゃん。
 確かに、幾らスフィア武道館があるとは言えど
 愛生ちゃんの単独ライブ自体は一旦、ここで終わっちゃうから…(´;ω;`)

 概ね2〜3曲の間隔でMCに入り
 曲よりもトークの時間が長めだったのも
 愛生ちゃんらしさを強く実感できますもんね(*´ω`*)

 スフィアメンバー全員、このお正月は実家で過ごされたそうで
 愛生ちゃんも徳島公演のあと、実家に帰ってたみたいでした。。。
 そんな中年末年始に久々に明石海峡大橋を超えて有馬温泉に行ったそうですが
 その後なんと、美菜子に会ったそうですw

 有馬温泉は神戸の山地に存在する日本でも有名な温泉です。
 そして御存知の通り、美菜子の出身地は神戸。
 ハーバーランドでぶらついていて電話したところ、快く応じてくれたらしく
 結局2人で神戸を歩きまわったそうです(*´ω`*)
 ん?私もその時期には鳥取に帰省してたので
 うっかり神戸に遊びに行ってたらまさかの遭遇があったのか??←世の中そんなに甘くはない

 また東京に戻る時は飛行機に乗ったそうですが
 どうやら徳島便だと、左側の座席に着席していれば
 きれいな富士山が拝めるそうで、、、地元の方は是非とも(*´∀`*)b

 更に地元にて、愛生ちゃんが通っていた幼稚園をお母様と共に訪問されたらしく
 当時は大きな印象を持ったトンネルとか遊具が
 こんなにちっちゃいもんなんだねと妙な感覚を覚えたそうです。。。

 ■お絵かき

 今回のツアーで愛生ちゃんが常に持ち歩いてるものと言えば
 アルバムのタイトルを彷彿とさせるような外観のスケッチブック。
 これまでの公演で、その地その場所に応じた落書きをその場で仕上げるコーナーがありましたが
 勿論最終公演でも行われ
 これまでのツアーを振り返る格好のお絵描きをしておりました。。。

 よだれむしを名産品やご当地で生まれたキャラクターが囲い
 最後には愛生ちゃんの自画像と沢山のキラキラに包まれた優しい風景が
 そこに納められました(*´∀`*)

 愛生ちゃんのツアーの軌跡を一番知っているのは
 他でもない、ここまでの記録と記憶をいっぱい詰め込んだ
 大きなそれなのかもしれません(*´ω`*)

 そのお絵かきの途中に、甥っ子が生まれた話を聞かせてくれました。。。
 そしてその親御さんであるお姉さんがどうやら箱根駅伝の中継に映ってたらしく
 家族全員で注目してたとのお話がありました。
 また実家では家族でおからじ(その回は収録放送)を聴いていたそうですが
 こんなもゆるくていいのみたいな感想を本人含め持たれてたそうですw

 ■ライブの様子(2)

 楽曲面では、今回の最終公演で
 世にリリース済みの「豊崎愛生」名義の楽曲が全て演奏されきったそうです。。。
 ただ意外だったのが、「ただいま おかえり」はどの会場でもやってなかった事でした。
 やはり最終地点で改めて、ただいまと言える雰囲気を作りたいって想いから
 最後まで残ってたのかなと軽く邪推してみたり、、、

 そしてこれまで同様、「music」以降はみんなで唄って一つになれる会場を作りたいとの意向から

 「music」ではハンドクラップが
 「春風」は会場全員でラスト直前のサビの大合唱が
 「オリスパ」では冒頭とラストに流れる部分の大合唱が


 それぞれなされました(*´ω`*)
 愛生ちゃんも随時マイクを会場に向けていて
 それを楽しんでる姿を見ても、改めてほっこりできる風景でした。。。

 愛生ちゃんと共に唱え、愛生ちゃんとともに笑える時間は
 やはり忘れられないくらいの歓びの気持ちを得られますね(*´・ω・*)

 ■新曲

 先日、新曲がリリースされる事がツアーの中で告げられたそうですが
 その新曲である「ディライト」が、アンコールにて本邦初公開されましたヾ(*´∀`*)ノ

 リリース自体は2014年3月19日
 まだまだ気が遠くなるような話ですが
 春の訪れに相応しい、春の明るさを感じさせてくれるような、そんな楽曲でした。

 アルバム収録曲「パタパ」を制作された
 たむらぱんさんによる楽曲だそうです。
 リリースが本当に楽しみですね(*´ω`*)
 そう遠くない日におからじでも聴けるとは思いますので、心して待ちましょ(・∀・)

 ■ダブルアンコール

 ラストの「letter writer」終了時点で
 何となくまだまだ続くのかなって雰囲気がありましたが
 スフィアライブでも珍しいダブルアンコールが行われましたヾ(*´∀`*)ノ

 楽曲として選ばれたのは
 連休も終わり、また明日からいつもの毎日に戻ってしまうけども
 明日は笑って過ごして欲しいといった意味から
 アルバム1曲目の「See You Tomorrow」が披露されました(*´∀`*)

 愛生ちゃんと共に最後まで唱えて、最後まで笑えて
 余すことなく最後まで完璧に仕上げてくれたねって
 バンマスの平井氏には頭が上がりませんな(;´Д`)

 ーーーーーーーーーー

 という感じで、最後まで暖かな気持ちを抱けたまま、ライブは終わってしまいました…
 ライブが終わり、また愛生ちゃんに会えないのかと思ってしまいましたが
 よく考えれば武道館公演もそう遠くない時期に開催されますしね、、、
 希望はすぐそこにありますもんねヾ(*´∀`*)ノ

 それでもやはり、ソロアーティストとしての愛生ちゃんのライブはまた暫く見納めで
 何でそんな悲しくなっちゃうかって言うと
 やはり、愛生ちゃんのライブが持つ暖かさは
 他の誰でも、スフィアですら表現できないくらいのものだって思えるから、、、

 優しい声で楽しい話を次々と零してくれて…
 一方で唄う時には全身を使った表現で聴かせてくれて…

 それが愛生ちゃんの持つ、一番の魅力じゃないのかなと思うんです。
 確かに顔はかわいいけど、それだけではなくて
 愛生ちゃんのライブに行けば、愛生ちゃんの虜にならない事はないと
 それだけ自信を持ってお勧めできるくらいの、そんな環境なのです。

 結局今回も膨大な長文になってしまいましたが
 いつものように言える事は唯一つ

 愛生ちゃん
 大好きだ

 それだけでもう、お腹いっぱいです(*´ω`*)

 最後に、このライブを作り上げて下さった全ての皆様へ
 改めて感謝いたします。
 本当に、お疲れさまでした。ありがとうございましたm(_ _)m

 ----------

 ここまで読んで下さった方に、本当に感謝いたします。
 できれば、いいなと思ってくだされば、ぽちっとリンクを踏んでくださったら嬉しいです(*´ω`*)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Counter

プロフィール

mossanmoment

Author:mossanmoment
SE修行中の変人紳士が綴る、日記と備忘録(チラ裏)w

乃木坂46ネタを中心に、iMac/iPhone/iPadおよびAndroidを中心としたITネタ、その他声優ネタ、アイドルネタ、アレなネタなどなど細々やっております(´・ω・`)
鳥取で生まれて新潟で大学院まで過ごし、以後東京→鳥取→大阪を経て現在は埼玉県某所在住(*´ω`*)

乃木坂46ファンであり
2015年2月時点での推しTOP10は以下の感じです(*´ω`*)

かずみん(高山一実)←圧倒的女神
かりん↑ちゃん(伊藤かりん)←女神
さゆにゃん(井上小百合)
ひめたん(中元日芽香)
なーちゃん(西野七瀬)
みさみさ(衛藤美彩)
れなひょん(松井玲奈)
みおなちゃん(堀未央奈)
せいらりん(永島聖羅)
まりっか(伊藤万理華)
注:乃木坂ソートより

※このブログはあくまで私(もっさん。)個人の趣味・趣向・意見・感情・思想で構成されております;;
私が所属する企業と取引先などの関係各所や各種団体、私の応援対象およびその方々が属する事務所、および親類含む私の家族とは一切無関係ですので、そのあたりはご了承ください(´・ω・`)
但し各方面から削除要請がありましたら、その際は毅然とした対応を致します。

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ